AGAは内側と外側から対策を講じるのが大事。病院に相談するのも大事。

AGAは日本男性の多くの人が抱えている深刻な問題です。
脱毛してハゲることは決して病気だとは思いませんが、髪の毛がフサフサか
ツルっぱげかどうかで、その人の見た目年齢が大きく変わるのは確かです。

しかし、AGA(男性型脱毛症)は、並大抵の努力では治すことができないでしょう。
もし一瞬で毛が生えてくるような方法があれば、
世界中の億万長者が高額なお金を払ってでも、とっくに試してみているはずです。

世界中のお金持ちを観察するとハゲから復活した人は少ないという事実がわかります。
お金でパパっと何か対策をして、すぐに髪の毛が生えてくるというようなことは少ないのです。

ですから、私達はAGAに対し、時間をかけて戦っていく必要があります。
その辺の育毛シャンプーを買って使ったぐらいではなかなか効果は現れないのです。病院のものならべつですが。

AGA対策には内側からのアプローチと外側からのアプローチあります。
内側からのアプローチとしては、
男性ホルモンを調整するための病院でもらえるプロペシアを服用することと、
髪の毛の材料になる黒ゴマの摂取が大切になります。

なおプロペシアに関しては、後発医薬品であるジェネリックのフィンペシアという
薬も出ており、値段が安いフィンペシアのほうが財布に優しいでしょう。

次に外側からのアプローチですが、
マッサージをして頭皮の血流を良くし頭皮を柔らかくすることと
頭皮の皮脂を取り除くために、500円玉くらいの量の馬油かオリーブ油を
を頭に垂らしてよく揉む、というのが大事です。

内側からと外側からの両方の対策をしてはじめて、髪の毛が維持され
馬のような固くガッシリとした頭髪になっていくのです。

aga病院の口コミをみて、しっかりと病院で治療していくというのも間違いない手段ですね。

AGA対策の費用と期間

AGAといえば男性型脱毛症のことです。
分かりやすくいうと禿げてしまう症状です。
大抵の人は禿げたくないと思うでしょうが、その気持ちとは関係なく髪は薄くなっていくものです。

男性のハゲの原因の9割はこのAGAと言われていますが、治療法があります。
プロペシアという薬を服用することで薄毛の進行を抑えられたり、人によっては改善して髪が濃くなります。
劇的に改善するわけではないのですが、半年から数年で一定の効果があると言われています。

しかし、このプロペシアという薬を処方してもらうにあたって保険はききません。
薄毛は保険の適応外のため毎月治療費で1万円くらいはかかってしまいます。
さらに治療は継続して行っていく必要があるため今後ずっと付き合っていかなくてはいけません。

このプロペシアは個人輸入して利用することも可能です。
個人輸入する場合は病院で処方してもらうよりも安価に済ます事ができます。
一方で粗悪品を売りつけられる事もあるので注意が必要です。
およそ病院で処方してもらう場合の1割程度の価格で入手できるようです。