AGA対策の費用と期間

AGAといえば男性型脱毛症のことです。
分かりやすくいうと禿げてしまう症状です。
大抵の人は禿げたくないと思うでしょうが、その気持ちとは関係なく髪は薄くなっていくものです。

男性のハゲの原因の9割はこのAGAと言われていますが、治療法があります。
プロペシアという薬を服用することで薄毛の進行を抑えられたり、人によっては改善して髪が濃くなります。
劇的に改善するわけではないのですが、半年から数年で一定の効果があると言われています。

しかし、このプロペシアという薬を処方してもらうにあたって保険はききません。
薄毛は保険の適応外のため毎月治療費で1万円くらいはかかってしまいます。
さらに治療は継続して行っていく必要があるため今後ずっと付き合っていかなくてはいけません。

このプロペシアは個人輸入して利用することも可能です。
個人輸入する場合は病院で処方してもらうよりも安価に済ます事ができます。
一方で粗悪品を売りつけられる事もあるので注意が必要です。
およそ病院で処方してもらう場合の1割程度の価格で入手できるようです。